2008年02月07日

ほくろ除去のレーザー治療

ほくろ除去をするためにはレーザー治療が一般的とされています。ほくろ除去を効果的におこなうにはやはり手術が一番のようです。しかしこのレーザー治療も万能ではありません。レーザー治療でほくろ除去できるのは、直径5ミリ以下の平らなほくろのようです。そのため大きな、盛り上がったほくろなどは切開手術が必要な場合があります。

ほくろ除去にレーザー治療を使うメリットとしては、短時間で済むことがあげられます。ほくろは顔や身体のあちこちにあるのが普通です。そのひとつひとつのほくろを除去していくためのは大変な作業となります。しかしレーザー治療ではそこまで時間がかからずにほくろ除去することができます。

ほくろ除去でレーザー治療をすると、数多くのほくろを短時間で除去することができます。細かく、小さいほくろなども、レーザー治療にかかれば短期間で除去することができます。逆にレーザー治療でほくろ除去をする場合は、小さいほくろでないとかえって時間がかかってしまい、仕上がりが悪くなることがあります。

ほくろ除去でレーザー治療をする場合は、小さなほくろになります。大きなほくろに関しては、レーザー治療だと仕上がりがきれいにならない可能性もありますので、切開手術などを勧められるかもしれません。まずは専門医に診断してもらいましょう。
posted by ほくろ除去塾塾長 at 00:12| ほくろ除去 レーザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。