2008年03月08日

ほくろ除去のレーザー治療の真実

ほくろ除去でレーザー治療をする場合にはメリットとデメリットがあります。基本的にはメリットのほうが大きいと思います。なぜならば今まで悩んでいたほくろ除去ができるのですからね。しかし前もってメリット、デメリットを知っておくことが大切です。

ほくろ除去-レーザー治療メリットその1
ほくろ除去のためにレーザー治療を選んだ場合のデメリットは、やはりアフターケアが大変なことだと思います。ほくろ除去の後には消毒と保護テープをある程度の期間やり続けないといけません。また場合によっては、塗り薬や飲み薬がでることもあります。

ほくろ除去-レーザー治療メリットその2
ほくろ除去後のアフターケアの期間は、まずはほくろ除去後1ヶ月は毎日消毒と保護テープの使用は必要となります。それから数ヶ月、最悪の場合は半年ぐらいは、ほくろ除去後の患部に紫外線を当てないようにしないといけません。

ほくろ除去-レーザー治療メリットその3
ほくろ除去後に、このようなアフターケアが必要になってくるのには理由があります。それはほくろ除去後の患部がきれいになるために必要になるからです。ここをサボってしまうと、傷跡が目だってきてしまうかもしれませし、紫外線保護をしてかないとほくろがまた出てきてしまうかもしれません。

posted by ほくろ除去塾塾長 at 06:00| ほくろ除去 レーザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。