2008年02月20日

ほくろ除去!レーザーで取れるホクロは?

ほくろ除去をレーザー治療でおこなっていのは普通のほくろの場合です。もしそのほくろが悪性のものだったらレーザー治療で除去してはいけません。ほくろは良性の腫瘍だといいましたが、ほくろには悪性腫瘍になってしまったものも存在します。このほくろが悪性腫瘍になってしまったものをメラノーマといいます。

ほくろ除去に関しては美容整形よりも、専門の皮膚科でおこなうことをオススメします。まず皮膚科でほくろ除去をおこなう場合は、保険が適用されます。これは非常に大きなことだと思います。美容整形は最新機器を使用していますので仕上がりはきれいになりますが、保険は適用されません。

ほくろ除去を皮膚科でしたほうが良いという理由は他にもあります。専門の皮膚科であれば、ほくろが良性か悪性かをきちんと見極めてくれます。もし美容整形などでメラソーマをレーザーで除去してしまったら大変です。メラソーマはレーザーなどでは完全には除去できません。細胞も傷ついてしまいますので、メラソーマが悪化してしまいます。

ほくろは確かに外見などにも影響しますので、除去できるのであれば除去して欲しいと思うのが普通だと思います。しかし安易にほくろを除去することは、最悪のケースも考えられますので危険ではあります。やはりきちんとした専門医に診断してもらってから考えたほうがいいですね。
posted by ほくろ除去塾塾長 at 13:17| ほくろ除去 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

ほくろの原因は?-ほくろ除去講座

ほくろ除去をしていく前に、まずはほくろの原因を知っておいたほうがいいと思います。そもそもほくろって何で出来るのかって知らないと思います。もしほくろの原因を知ることが出来れば、今後ほくろが出来ないように生活をしていけば、ほくろ除去した後に再びほくろで悩むことはなくなるわけです。まずはほくろの原因を知ることからはじめていきましょう。

ほくろ除去-ほくろ原因
ほくろ対策には、紫外線を防ぐことが大切になります。しかし日焼けをしてしまうこともあると思います。そのようなときは、まずはまず冷やすことをおぼえておいて下さい。肌が赤くなるほど日焼けをしてしまった場合、アイスノンや冷タオルなどを肌に当て、ほてりをしずめます。

ほくろ除去-ほくろ原因
日焼けをしてしまった日には入浴やお酒は控えることも大事です。色素沈着を防ぐ効果があるビタミンCを摂取するのもおすすめです。なるべくメラニン色素が活発にならないように気をつけていくことが大切です。

ほくろ除去-ほくろ原因
紫外線を浴びないように、外出時には日焼けを防ぐ服装を心がけることも大事です。日焼けを防ぐ服装とは、洋服なら袖や襟のあるもので肌の露出を少なくしましょう。紫外線カット効果があるものは、白い生地よりも色のついたものが良いです。帽子の場合は、全体につばのあるものが良いでしょう。日傘を低めに差すのも有効です。
posted by ほくろ除去塾塾長 at 00:10| ほくろ除去 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。